slider01
slider04
slider02
slider03
previous arrow
next arrow

お知らせ


2021年7月25日
NEW! 40歳以上の方の新型コロナウイルスワクチン接種予約について

2021年7月14日
NEW! 55歳以上の方の新型コロナワクチン接種予約再開について

2021年7月6日
NEW! 新型コロナウイルスワクチン接種予約の一時中止について

2021年7月2日
NEW! 40歳以上の方の新型コロナワクチン接種予約スケジュールについて

過去のお知らせ

HOME

名古屋市昭和区で開院しております横山内科小児科です。
横山内科小児科では、一般の内科、小児科はもちろん、生活習慣病(糖尿病・高血圧・脂質異常症)、甲状腺疾患、腎臓疾患、前立腺疾患、アレルギー疾患、血管年齢測定、胃がん検診、骨粗しょう症検診など幅広く対応しております。
当医院では、診療時間以外にも、患者様のご容態に併せて診察を行っております。
日曜日や平日の診療時間外などでも、体調のすぐれない方や病状が急変された方はお電話にてご連絡ください。

PCR検査を実施することができます、ご希望者は電話にてお問い合わせください。

頚部エコーによる血管年齢測定

血管年齢とは、肌年齢や骨年齢のように、実年齢とはイコールにならない血管の年齢のことです。横山内科小児科では頸部エコー検査により血管年齢を測定し、動脈硬化などの予防や治療を行っております。

無呼吸症候群の治療

睡眠中に頻回に呼吸が止まり、朝起きても熟睡感が無く日中強い眠気を感じたり集中力の低下や疲労感活力や記憶力の低下を招きます。当医院では負担の少ない検査方法で無呼吸症候群の治療を行っております。

病児病後児保育

横山内科小児科ではインフルエンザや水ぼうそう等の病気になって保育園や幼稚園、小学校にいけないお子様を、医師・看護師・保育士が連携して一時的にお預かりする病児・病後児保育を行っております。

CLINICAL DEPARTMENT

診療科目のご案内

横山内科小児科では、院長による内科・小児科の他、小児専門医による小児科を開設しております。企業検診などの各種健康診断、特定検診などの各種検診に加え、乳幼児健診や入園前検診、各種ワクチン接種などに対応しております。

内科

風邪などの感染症。喘息や糖尿病など慢性疾患。高脂血症や高血圧などの生活習慣病など、患者様に寄り添った診療を行っております。

小児科

インフルエンザや水ぼうそう、手足口病などの感染症の予防と治療。ワクチンや各種検診など経験豊富な医師が担当しております。

皆さんは今まで病院に行った際に、もう少し病気のことについて詳しく話を聞きたいと思いながら言い出せずに帰宅された経験はありませんか?どんなささいな病気でも患者さんには不安でいっぱいです。当医院は患者さん第一主義をモットーに診療しており、患者さんが満足した気持ちで安心してお帰りいただけるように、どのような治療がいいのか?薬の種類は?など、患者さんとも相談しながら、分かりやすく、納得していただけるような診療を心がけています。

企業検診、特定検診やがん検診、骨粗しょう症検診など検診のご案内

 

当医院では、名古屋市の推奨する各種検診に加え、就業前検診や企業検診、就学前検診などご要望に応じて柔軟にご用意しております。


国民健康保険特定健康診査

生活習慣病の予防のために、40歳~74歳までの名古屋市の国民健康保険加入者を対象に実施するものです。検査項目はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目したものになります。年に一度は健診を受けて、早期から予防しましょう。


胃がん検診

胃がんは日本人のがんによる死亡原因の6分の1近くを占め、毎年約5万人の方が亡くなっています。その発生は食生活に関係があるといわれ、予防にはバランスのとれた栄養に留意し、緑黄色野菜の摂取と減塩が大切です。


大腸がん検診

大腸がんは、近年男女とも中高年に増えているがんです。また、早期発見・早期治療で治る可能性が高いがんです。早期発見のためには、定期的にがん検診を受けることが大切です。


肺がん・結核検診

肺がんは近年、急速に増加しており、平成8年には名古屋市におけるがん死亡の中でその死亡者数が第1位となりました。肺がんは、進行してしまうと治りにくいがんともいわれています。しかし、がんの治療技術の進歩は目覚ましく、早期に発見し、適切な治療を受ければ、ほとんどが治るようになってきています。


前立腺がん検診

前立腺は男性だけにあり(精液の一部をつくる臓器)、膀胱の下で直腸の前にあります。前立腺がんにかかる率は、65歳以上で増加します。 早期の前立腺がんに特有の症状はありませんが、血液検査による早期発見が可能です。50歳以上の男性や、血縁者に前立腺がんの人がいる男性は、定期的に検診を受けることが大切です。


骨粗しょう症検診

骨粗しょう症は、骨折等の基礎疾患となることから、早期に骨量減少を発見し、骨粗しょう症の予防をしていただくため、節目の年齢をとらえて、検診を実施しています。


B型C型肝炎検診

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状の現れにくい臓器です。自覚症状がないというだけでは、だいじょうぶとはいえません。症状がなくても、検査を受けましょう。


後期高齢者検診

生活習慣病の予防のために、名古屋市後期高齢者医療制度のご加入者を対象に実施するものです。


もの忘れ検診

認知症は今や避けては通れない疾病と言えます。しっかりと検診を受け長期的に対処していくことが大切だと言われています。


企業検診

横山内科小児科では各種企業検診に対応しております。入社前検診や定期健診など必要に応じた検診内容をご提案させていただいております。


国民健康保険特定健康診査

生活習慣病の予防のために、40歳~74歳までの名古屋市の国民健康保険加入者を対象に実施するものです。検査項目はメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目したものになります。年に一度は健診を受けて、早期から予防しましょう。


胃がん検診

胃がんは日本人のがんによる死亡原因の6分の1近くを占め、毎年約5万人の方が亡くなっています。その発生は食生活に関係があるといわれ、予防にはバランスのとれた栄養に留意し、緑黄色野菜の摂取と減塩が大切です。


大腸がん検診

大腸がんは、近年男女とも中高年に増えているがんです。また、早期発見・早期治療で治る可能性が高いがんです。早期発見のためには、定期的にがん検診を受けることが大切です。


肺がん・結核検診

肺がんは近年、急速に増加しており、平成8年には名古屋市におけるがん死亡の中でその死亡者数が第1位となりました。肺がんは、進行してしまうと治りにくいがんともいわれています。しかし、がんの治療技術の進歩は目覚ましく、早期に発見し、適切な治療を受ければ、ほとんどが治るようになってきています。


前立腺がん検診

前立腺は男性だけにあり(精液の一部をつくる臓器)、膀胱の下で直腸の前にあります。前立腺がんにかかる率は、65歳以上で増加します。 早期の前立腺がんに特有の症状はありませんが、血液検査による早期発見が可能です。50歳以上の男性や、血縁者に前立腺がんの人がいる男性は、定期的に検診を受けることが大切です。


骨粗しょう症検診

骨粗しょう症は、骨折等の基礎疾患となることから、早期に骨量減少を発見し、骨粗しょう症の予防をしていただくため、節目の年齢をとらえて、検診を実施しています。


B型C型肝炎検診

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状の現れにくい臓器です。自覚症状がないというだけでは、だいじょうぶとはいえません。症状がなくても、検査を受けましょう。


後期高齢者検診

生活習慣病の予防のために、名古屋市後期高齢者医療制度のご加入者を対象に実施するものです。


もの忘れ検診

認知症は今や避けては通れない疾病と言えます。しっかりと検診を受け長期的に対処していくことが大切だと言われています。


企業検診

横山内科小児科では各種企業検診に対応しております。入社前検診や定期健診など必要に応じた検診内容をご提案させていただいております。