QLOOKアクセス解析

不活化ポリオワクチン(単独)

ワクチン名 ポリオワクチン
内容 小児麻痺、急性灰白脊髄炎
対象年齢 初回:生後3ヶ月~7歳6ヶ月まで3~8週間隔で3回3回目の約1年後(6か月後から接種可能)に4回目を接種
接種回数 4回
接種方法 皮下
接種場所 医院

2012年9月から注射の不活化ポリオワクチンが定期接種ワクチンに導入されました。

ワクチン接種で予防できる病気

ポリオ(小児まひ、急性灰白脊髄炎)

接種時期と接種回数

4回目の接種は定期接種の対象外です。効果と安全が確認された時点で定期接種となる見込みです。

お勧めの受け方

生ポリオ、不活化ポリオ、三種混合ワクチンのいずれかを1回でも接種している場合は、原則として不活化ポリオワクチン(単独)を接種します。生ポリオワクチンと不活化ポリオワクチンの合計が4回になるように接種します。ただし、生ポリオワクチンをすでに2回接種している場合には不活化ポリオワクチンは接種しません。
接種方法が変更になる場合がありますので、自治体や最新情報をご確認ください。

ワクチン接種のポイント

四種混合や三種混合ワクチンやそれ以外のワクチンとも同時接種ができます。接種方法についてはかかりつけ医と相談して決めましょう。

ワクチンの効果と安全性

まれに発熱や接種したところが赤くなったり腫れたりすることがあります。
ワクチンの製造過程でウイルスの病原性(毒性)を完全になくしていますので、ワクチンによる小児まひの心配はまったくありません。

不活化ポリオワクチンによる健康被害救済

個人輸入の不活化ポリオワクチンの場合、接種によって引き起こされた副反応により重い健康被害が生じても、予防接種法や独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく給付を受けることはできません。
2012年9月1日からは定期接種となりますので、万一の場合でも予防接種法による健康被害救済措置が受けられます。

お知りになりたいワクチン名をクリックしてください。

BCGワクチン ポリオワクチン
hibワクチン B型C型肝炎ワクチン
MRワクチン 肺炎球菌ワクチン
三種混合ワクチン ロタウイルスワクチン
みずぼうそうワクチン おたふくかぜワクチン
日本脳炎ワクチン 子宮頸がんワクチン
二種混合ワクチン 四種混合ワクチン
混雑状況チェック KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

このページの先頭へ