QLOOKアクセス解析

特定検診

特定検診とは

平成18年に成立した医療制度改革法の基本的な考え方の一つに、現在医療費の30%を占める、生活習慣病予防の重視があります。不規則な生活習慣により肥満者が増加傾向にあり、その多くが糖尿病、高血圧、脂質異常(高脂血症)の危険因子を併せ持ち、危険因子が重なるほど心筋梗塞や脳血管疾患を発症する危険が増大しています。そこで、肥満(メタボリックシンドローム)に着目した生活予防のための検診・保健指導を実施することが決定されました。食生活・飲酒・喫煙等様々な生活習慣の蓄積による糖尿病や高血圧などを改善し、将来の病気を防ぎましょう。

対象となる方

特定検診の実施年度中で40歳以上の方。
※1年間を通して保険に加入している方。
※年度途中で加入・脱退など異動があった方は除く。

費用

国保に加入している方で、名古屋市在住の方は無料。社保の場合は、企業や自治体によって無料~1,000円程度の自己負担が発生する場合があります。
※詳しくは加入されている保険組合や自治体にお問合せください。

検査項目

○自覚症状及び他覚症状の有無
○身長、体重、BMI及び腹囲の検査
○血圧の測定
○検尿
○採血
※年齢や条件によって検査実施項目は多少変わります。

タグ

このページの先頭へ