血管年齢・頸部エコー・動脈硬化について

血管年齢とは

「人間は血管とともに老いる」「血管が若ければ160歳まで生きられる?」ともいわれるほど血管は人間の寿命ととても密接な関係があります。
血管年齢とは、肌年齢や骨年齢のように、実年齢とはイコールにならない血管の年齢のことです。場合によっては実年齢が30代でも血管年齢は50代、60代という人もいらっしゃいます。
血管年齢が高いということは動脈硬化の危険性が増えているということです。


コレステロール値が基準内の場合でも、血管年齢が高いと病気を引き起こす原因が格段に増します。
当医院では血管年齢を測定し、病気の早期発見をお勧めしています。実際の血管の壁は、内膜・中膜・外膜の3層構造になっており、内膜と中膜の厚み(IMT/内膜中膜複合体)を測定します。 IMTは1.0mm以内が許容範囲とされており、1.1mm以上は動脈硬化の進行した状態です。


«

»

このページの先頭へ