血管年齢・頸部エコー・動脈硬化について

動脈硬化とは

動脈硬化とは、本来しなやかな動脈が「硬くなり、壁が厚くなる」ことを言います。動脈が硬くなると、血管自体がもろくなり破れてしまうこともあります。
また、血管の壁が厚くなると、血管の内側がもろくなってプラーク(※粥腫「じゅくしゅ」とも言う)ができる事があります。このプラークが原因で、血管の中がせまくなったり、詰まったりすることも有ります。


プラークにより血管の内側がせまくなると必要な酸素、栄養がいきわたらず、臓器や組織が正しく機能しなくなることもあります。血管が詰まってしまい、臓器や組織に血液が流れず、壊死してしまうこともあります。


«

»

このページの先頭へ