血管年齢・頸部エコー・動脈硬化について

動脈硬化が進行すると

動脈硬化が進行すると、プラーク自体がはがれて血液中をただよい、細い血管を詰まらせたりします。これらが原因で起こる病気が、脳梗塞、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症です。 また、血液が流れにくくなり、心臓に大きな負担がかかり、高血圧、心肥大、心不全などの心疾患につながります。硬くなった血管が破れると、くも膜下出血や脳出血を引き起こします。


«

»

このページの先頭へ