QLOOKアクセス解析

ロタウイルスワクチン

下記参照

ワクチン名 ロタウイルスワクチン
内容 ロタウイルス感染症
対象年齢  下記参照
接種回数
接種方法 皮下
接種場所 医院

現在、世界ではロタウイルス感染症を予防するワクチンとして、ロタリックス(GSK社)、ロタテック(MSD社)の2種類を使用しています。日本では、ロタリックスが2011年11月に、ロタテックが2012年7月に発売になりました。

ワクチン接種で予防できる病気

ロタウイルス感染症(嘔吐・下痢を起こすロタウイルス胃腸炎と脳炎などの重い合併症)

接種時期と接種回数

生後6週から接種できますが、ほかのワクチンとの同時接種を考えて、生後2か月からが最適です。ワクチンの種類によって2回または3回接種します。どちらも接種できる期間が決められていて、これがほかのワクチンと異なる点です。これは、腸重積症(腸閉塞の一種)が起こりにくい低い年齢で接種するのが目的です。

ロタリックス(1価ワクチン):4週間隔で2回接種します。遅くとも生後20週(140日)までに1回目、生後24週(168日)までに接種を完了します。生後24週以降は接種することができません。

ロタテック(5価ワクチン):4週間隔で3回接種します。遅くとも生後24週(168日)までに1回目、そして3回目は生後32週(224日)までに接種を完了します。生後32週以降は接種することができません。

お勧めの受け方

ロタリックス(1価ワクチン)もロタテック(5価ワクチン)も、生後6週から接種をはじめることができます。しかし、ヒブや小児用肺炎球菌などの接種が遅れないようにするために、初回接種は生後2か月になってからすぐに、ヒブ・小児用肺炎球菌・B型肝炎との同時接種がおすすめです。それができない場合でも、初回接種は遅くとも生後3か月半過ぎ(生後14週6日)までには始めましょう。
接種できる期間がとても短い(ロタリックスは生後24週までに2回、ロタテックは生後32週までに3回の接種を完了しなければならない)ので、お子さんが生まれたらできるだけ早めにかかりつけの小児科医と相談して、接種スケジュールを立てておきましょう。

ワクチン接種のポイント

ロタウイルスワクチンは飲むタイプの生ワクチンのため、接種後に4週間以上間隔をあけなければ次のワクチンを接種できません。0歳児はほかにも接種が必要なワクチンが多数ありますので、同時接種で受けることが重要です。生後2か月になったらすぐにヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎ワクチンなどと同時接種で受けることをおすすめします。

ワクチンの効果と安全性

2つのワクチンともに、ロタウイルスによる嘔吐下痢症を防いだり、軽くしたりして、点滴や入院が必要になるほどの重症例を約90%減らします。結果として、脳炎などの重い合併症も防ぎます。

ロタウイルスには多くの種類(型)があります。ウイルスの種類が異なると、できる免疫が異なり、免疫ができても弱いこともあります。5歳頃までに少なくとも1回はかかりますが、その後も何回かかかることがあります。

ロタリックス(1価ワクチン)は、一番流行して重症化しやすい1種類のロタウイルスを弱毒化したワクチンです。交差免疫*によってほかの種類のロタウイルスにも有効であることがわかっています。ロタテック(5価ワクチン)は、一番流行して重症化しやすいウイルスを含む5種類のロタウイルスを弱毒化したワクチンです。このように成分が異なりますが、今のところ両方のワクチンともにほぼ同じ良い効果を示しています。
安全性は世界中で多くの調査が行われており、極めて高いものです。そのためにWHO(世界保健機関)は2009年6月に、ロタウイルスワクチンを子どもの最重要ワクチンの一つに指定しました。そして世界中の全ての子どもが使用するようにと指示しました。

現在は使用されていませんが、いわば「初代」のロタウイルスワクチン(ロタシールド)は接種後の腸重積**症発生増加のため発売中止になりましたが、現在のワクチン(ロタテック・ロタリックス)では、接種時期を守ることで、欧米では問題なく安全に接種されています。決められた期間内に接種を完了できるようかかりつけの医師とご相談ください。

*交差免疫:ワクチンに含まれているウイルスに対する免疫を獲得することで、タイプの似ているほかのウイルスにも予防効果を示すこと。

**腸重積症:子どもに多い病気で、腸が腸の中に折り重なるように入り込み、腸閉塞を起こします。多くは、原因は不明です。いちごゼリー状の血便、5~10分おきに不機嫌で顔色が悪くなるなどの症状が見られ、救急外来受診が必要です。

タグ

みずぼうそうワクチン(水痘ワクチン)

ワクチン名 みずぼうそうワクチン
内容 みずぼうそう
対象年齢 1歳以上/未罹患者(かかってない方)
接種回数 1回
接種方法 皮下
接種場所 医院

ワクチンを受ける方が少なく、伝染力も強いので、たいへん流行しています。軽く済むと思われがちですが、死亡者を含めて重症になる場合もあります。

みずぼうそうとは、ふつう2─3週間の潜伏期の後に、熱が出て、体に虫さされのような赤い斑点が出てきます。1日くらいでそれが水ぶくれになって、全身に広がります。強いかゆみもあります。熱は数日でおさまって、水ぶくれの所も黒いかさぶたがつくようになり、7日くらいでおさまります。ただし、熱が出ない場合もあれば、高熱が続く場合もあります。

お勧めの受け方

1歳になったらMR(麻しん風しん混合)ワクチンの次にできるだけ早く受けましょう。MRワクチンやおたふくかぜワクチンと同時接種もできます。地域で流行していなくても、かかりやすいので1歳でMRワクチン、おたふくかぜワクチンと同時接種が可能です。保育園に入園するなどでかかりやすい時は、1歳前でも接種することがあります。
1回接種した人でも、接種後約3か月たったら2回目を接種するのがおすすめです。
感染力が強いにもかかわらず、ワクチンの接種を受ける子どもが少ないために、たいへん流行しています。みずぼうそう(水痘)にかかりはじめの人と接触して2、3日以内に接種するとかからなかったり、かかっても軽くすんだりします。それでも流行してから接種した場合では、間に合わないことが多いものです。
1歳になったらできるだけ早く接種しましょう。

ワクチン接種のポイント

1回目:地域の流行状況によってMRワクチンやおたふくかぜワクチンとの接種順序や同時接種についてかかりつけの小児科医に相談してみましょう。同時接種なら別々に受けるより早く免疫をつけられます。
2回目:1回接種ではみずぼうそうにかかることが少なくないので(でも、かかっても非常に軽くすみますが)、ワクチンの効果を確実にするためにも2回接種をおすすめします。

ワクチンの効果と安全性

副反応はほとんどないワクチンですが、1回だけの接種では数年以内に約20~50%の人が発症します。ワクチンを接種していると、多くの場合、接種しないで自然感染するよりも軽くすみ、水疱のあとも残りにくくなります。

タグ

おたふくかぜワクチン

ワクチン名 おたふくワクチン
内容 おたふくかぜ
対象年齢 1歳以上/未罹患者(かかってない方)
接種回数 1回
接種方法 皮下
接種場所 医院

接種時期と接種回数

1歳から接種できます。1回目の数年後に2回目を受けるのがしっかりと免疫をつけるために必要です。世界では、2回接種がおたふくかぜワクチンの標準的な受け方です。

お勧めの受け方

1歳になったらMR(麻しん風しん混合)ワクチンの次にできるだけ早く受けましょう。地域で流行している時や、保育園に入園するなどでかかりやすい時は、1歳前でも接種することがあります。
1回接種した人でも、3~5年たったら2回目を接種するのがおすすめです。

ワクチン接種のポイント

1回目:地域の流行状況によってMRワクチンやみずぼうそうワクチンとの接種順序や同時接種についてかかりつけ医に相談しましょう。同時接種なら確実です。
2回目:ほかのワクチンと同時接種で受けられます。早く病気に対する免疫力を獲得するためにも同時接種は有効です。

ワクチンの効果と安全性

接種して2~3週間後に熱が出たり、耳下腺がはれたりすることがまれにありますが、自然に治ります。
数千人に1人の割合で、無菌性髄膜炎(むきんせいずいまくえん)になることがあります。これは、接種後16日前後で、発熱や嘔吐、不機嫌が続いたら受診してください。ただし、無菌性髄膜炎の発生率は接種しないで自然感染(100人に1~2人)するよりもずっと低く、重症にもなりにくいものです。またたいへんまれですが、ワクチンでも脳炎を起こすことがあることが最近分かりました。ワクチンの価値はあくまでも自然にかかったときとの比較です。自然のおたふくかぜの脳炎(毎年約30人)に比べて、まれで、症状も軽いので、ワクチン接種が勧められます。

タグ

MR(麻しん風しん混合)ワクチン

ワクチン名 MR(麻しん・風しん混合)ワクチン
内容 麻しん・風しん
対象年齢 第一期 1歳の間
第二期 小学校入学前年の4/1~3/31まで
接種回数 2回
接種方法 皮下
接種場所 医院

 

接種時期と接種回数

第1期:1歳代で1回接種できます。地域で流行しているときは、自費で生後6か月からでも受けられますので、かかりつけ医に相談してください。
第2期:小学校入学の前年(幼稚園や保育園の年長クラス)1年間に1回接種します。
万一、この1年間に接種しなかった場合は、定期接種の扱いとならず、接種費用も自己負担となりますので、できるだけ早く(遅くとも夏休み前までに)2回目を受けることが大切です。

特例処置の対象者でなくても、

①麻しんにかかったことのない方

②1回のみワクチンを接種している方

③風しんワクチンを受けていない男性

はMRワクチンを接種することをお勧めします。

お勧めの受け方

1歳になったらすぐ、できれば『1歳の誕生日』に受けるようにしましょう。
地域で大流行している時は生後6か月から任意接種で受けることもできます。この場合は、麻しん単独ワクチンでかまいません。大人でもかかるので、30代前半までで2回接種を受けてない人はぜひ接種しましょう。

ワクチン接種のポイント

最近の流行を受けて、2008年から5年間だけ、中学1年生と高校3年生に相当する年齢の者にも接種します。また、地域で流行している麻しんや風疹 が場合には、接種を1回しかしていない方は、費用は自己負担であっても2回目をお勧めします。生後6か月からでも任意で接種を受けることができます。この 場合は、麻しん単独ワクチンで大丈夫です。 大人でもかかるので、保護者も予防接種を受けていなかったり、抗体がなくなったりしている場合は、忘れずに接種しましょう。 接種後1週間くらいで熱が出る子が5-20%くらいいます。ふつうは1—2日でおさまるのであまり心配いりませんが、一応ご相談ください。 大人の方で、過去に麻しんか風しんどちらかにかかったと思っていても、できるだけMR(麻しん風しん混合)ワクチンで受けておきましょう。

麻しん(はしか)とは、麻しんウイルスによって起こる、大変重い病気で、伝染力も大変強い病気です。約10日の潜伏期の後で、まず熱と鼻水、せき、目やになどが出ます。発熱3─4日目から体に赤い発しんが出てきます。ふつうは高熱が7─10日続きます。ふつうのかぜの熱とは質がまったく違うので、その間は大変つらいものです。合併症も大変起こりやすい病気です。 重症になると 気管支炎、肺炎、脳炎などが約30%の人に起こり、肺炎や脳炎で亡くなる人も多数います。どの年齢でも重症になります。2001年の流行の時は、約30万人がかかり、80名前後が死亡したと推定されています。また、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる難病中の難病ともいわれる病気になることもあります。これは麻しんにかかって数年してから、知能の障害と けいれんが起こり、発病がわかります。残念ながら根本的な治療法はありません。

風しんとは、風しんウイルスによって起こる病気です。麻しん(はしか)ほどではありませんが伝染力も強く、症状の出ない人でも他の人にうつす可能性があります。約2−3週間の潜伏期の後に熱が出て、首のリンパ節が腫れます。また熱と同じ頃に体に赤い発しんが出てきます。発熱するのは3−4日間ですが、熱の出ない人もいて、多くの場合はかぜ程度の症状ですが、様々な合併症の恐れがあります。  風しん/合併症の例 風しん脳炎が、3−5千人に1人起こります。 風しんが治って数週間後に、血が止まらなくなる血小板減少性紫斑病が起こることがあります。

 

副反応

接種後1週間くらいで熱が出る子が5~20%くらいいます。ふつうは1~2日でおさまるので心配はいりません。けいれんなど変わった症状が見られたら、それがワクチンによるものかどうかは別としてすみやかに医療機関を受診してください。
MRワクチンは2種類のワクチンを混合していますが、単独の麻しんワクチン、風しんワクチンに比べて熱などの副作用が強いことはありません。

タグ

このページの先頭へ