QLOOKアクセス解析

POINT.1 「目の前の行動」に苛立っていませんか?

いつも子どもの「目の前の行動」に対して、
苛立っていないでしょうか。
子どもが親にとって「困ったこと」をするのは、
何らかの根拠があることが多いものです。
たとえば一つのことにこだわる、
わがままを言い続ける、
他の子に手を出してしまう、という場合、
その年齢によく見られる
発達の特徴であることが多いもの。
それなら、1年もたてば
だいぶ治まっていくはずです。
「目の前の行動」にイライラしたら、
怒る前に一歩止まり、それをやっている
子どもの心情を考えてみましょう。
子どもの気持ちを理解するヒントを得るために、
ベーシックな育児事典、育児書を
1冊手元に持っておくといいかもしれません。

タグ

このページの先頭へ