QLOOKアクセス解析

2012年 スギ・ヒノキ花粉飛散量は「平年と同じかやや多い」「去年より減りそう」

今年のスギ花粉の飛散が昨年より減りそうです。
2010年10月にウェザーニュースが発表した予想では、
2012年は2011年より70%程度も減少し、
全国的に減少します。
2010年の猛暑に比べると、
2011年は全国的にましになっており、
曇りや雨が西日本で多かったこと、
真夏日が多かったものの、
日照時間が2010年より少なかったため、
2012年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は
多かった2011年より「大幅に減りそう」と
予想されています。
その他にも様々な情報を合わせると、
2011年と比較して30%程度の飛散量の地域から、
やや多いかまたは少し少ない程度の地域までありますが、
全国的に2011年と比べると少ないという予想です。
関東より北では、2011年より10%~30%
:例年よりやや多いようです。
関東と東海では2011年より30%~50%
:例年並みです。
近畿では2011年より30%~70%
:予想によっては昨年より少し多いという
予想もありますが、ほぼ例年並みのようです。
中国四国では2011年より10%~50%
:例年より、中国ではやや多く、
 四国ではやや少ないようです。
九州では2011年より10%~50%
:例年よりやや少ないようです。
と地域差がありますが、
近畿地方ではまだまだ
厳しい年になりそうですね。

タグ

このページの先頭へ