QLOOKアクセス解析

骨粗しょう症を予防する食事のポイント

骨粗しょう症予防のためには、
危険因子にあげられている
偏食やカルシウム不足にならないようにすること。
また骨と言えばカルシウムと思いがちですが、
運動等して負荷をかけなければ骨は強くなりません。
さらに骨粗しょう症予防に関わる栄養成分は、
カルシウムだけでなく、 リンとマグネシウムとのバランス、
ビタミンDなど、様々な栄養素や成分が関わっています。
毎日の食事で幅広い食品から多様な栄養成分をとることが、
それが骨だけでなく健康の維持・増進にも有効だということです。
コーヒーの多量摂取が危険因子にあげられているのは、
コーヒーには利尿作用があり、カルシウムが
尿とともに排泄されてしまうためと考えられています。
1杯でも飲むといけないというのではなく、
1日に5杯以上飲むなど比較的多めに飲む方は、
少し控えるとかカフェオレにする、
乳製品や小魚、大豆などを積極的に食べるなどを
意識してみてください。

タグ

このページの先頭へ