QLOOKアクセス解析

食生活のポイント

★寝る前の水分摂取に注意
夜中にトイレに行くために目が覚めてしまい、
その後なかなか寝付けない人もいます。
水分は寝る90分くらい前までに摂取すれば、
睡眠中にトイレに行く回数を
減らすことができるかもしれません。
アルコールは眠りを浅くするとも言われているので、
寝る前3~4時間は摂取しない方がよいでしょう。
★カフェインの量とタイミングもチェックしよう
カフェインには覚醒作用があるので、
不眠に悩まされている人は、
緑茶、紅茶、チョコレートなども
寝る前3~4時間は摂取しないほうが良いでしょう。
カフェイン量の多いコーヒーなどは、
就床8時間くらい前から控えると
よいとも言われています。
★夕食、夕食後のスナックにも注意
食事を消化吸収するにはエネルギーが必要です。
寝ようとしているときに、
体のエネルギーを
食事の消化吸収に使ってしまうと、
体がうまく休めず
睡眠につきにくいといわれています。
お腹が一杯のまま寝ないようにしましょう。
特に脂っこいものを食べると
消化吸収に時間がかかります。
エネルギーが必要な日中に
食べるようにしましょう。
★温かい牛乳を寝る前に飲む
温かい牛乳を飲むと
よく眠れるといわれています。
牛乳に含まれるアミノ酸である
トリプトファンの催眠作用、
カルシウムの精神安定作用、
乳児期に記憶された心地よさなどが
関係しているという説もあります。
寝る前15分ほどに暖かい牛乳を
リラックスしながら飲むのもよいでしょう。
*個人差がありますので自分に合う方法を見つけてみましょう。

タグ

このページの先頭へ