QLOOKアクセス解析

風邪とインフルエンザ

風邪もインフルエンザも、ほとんどの場合、
ウイルスが原因です。
風邪はアデノウイルス、レオウイルス、
ピコーナウイルスなどと呼ばれるウイルスが有名です。
インフルエンザは病名の通り、インフルエンザウイルスです。
もちろん、ウイルスは見えないので、風邪かインフルエンザかを
見分けることはできません。
「風邪かな?」と思う自覚症状があった時、それがちょうど
インフルエンザの流行期で、かつ急激な高熱に見舞われた場合には
インフルエンザの可能性が非常に高いといえます。
頭痛や身体痛を伴う発熱なら、さらにその確率は高まります。
疑わしいときには、まず発熱に注意してください。
高熱が出た場合は、できるだけ早期に発熱外来を受診しましょう。
初期の段階で発見、治療を行うことが大切です。

かぜ インフルエンザ
症状の現れ方 局所(のど・鼻) 全身
進行 ゆるやか 急激
発熱 ないか、37~38度くらい 40度前後
鼻水 ひき始めに出る 後から続く
せき 軽い 強い
頭・関節・筋肉痛 軽い 強い
寒気 軽い 強い

タグ

このページの先頭へ