QLOOKアクセス解析

隠れた催眠効果!

お茶には興奮作用のある
カフェインが含まれていることが
よく知られていますが、
実は睡眠を促す成分も含まれています。
緑茶のうまみに関与する成分「テアニン」です。
テアニンはお茶と一部のキノコに含まれる
アミノ酸の一種。
乾燥した茶葉の重量の1~2%を占め、
アミノ酸の中では最も多く含まれています。
緑茶やウーロン茶、紅茶など茶樹の葉から
作られるお茶にはすべて含まれていて、
特に玉露など上級なお茶に多いのが特徴です。
テアニンは、ドーパミンやセロトニン、
ノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質の働きに作用し、
血圧や記憶学習能力、脳血管機能を改善します。
また、脳の抑制系神経を活性化し、
興奮系神経を鎮めることで、
寝つきを良くしたり
ぐっすり眠れるようにしてくれます。

タグ

このページの先頭へ