QLOOKアクセス解析

鎮痛有効成分が確認されているハーブ療法

■ 痛み止め効果が期待されているハーブ
デビルズクロー、イラクサ、柳の樹皮、
月見草の種子、唐辛子、白ガラシの種子、
フキ、ペパーミントオイル、
スイートクローバーのハーブ、クロフサスグリの葉など
お茶やコーヒーに含まれるカフェインも、
鎮痛薬の成分です。
Wallenstein の研究では、65mg 以上から
有効性を示しました。
しかし、カフェインの取りすぎには要注意。
米国食品医薬品局は、カフェインは200mgを超えない範囲で、
3~4時間以上の間隔を取ることを推奨しています。

タグ

このページの先頭へ