QLOOKアクセス解析

過換気症候群の治療

治療は、過換気の原因を除くことです。
過換気の原因を除くことは、
なかなか難しいかもしれませんが、
自分の心をじっくりと見つめ、
なぜ不安なのかを考えます。
不安になったら、まず息を大きく
ゆっくりと吸いこみましょう。
そして、大きく吐きだします。
大きく息を吐きだすことで、
不安を吐きだしているような
イメージをするといいでしょう。
どうしても不安が取れない時は、
抗不安薬などもあります。
しかし、子どもは、成長の過程の中、
長期使用は精神発達に
影響を及ぼすことがあるので、
できるだけ避けたいものです。
過換気になった時の対処方法ですが、
紙袋を携帯しておいてください。
ビニールは息がしにくくなるので、
避けてください。
過換気状態になったときには、
紙袋を用意して、口と鼻に袋を当て、
自分の吐いた息を吸うようにして、
二酸化炭素を血液中に残すようにします。
この紙袋による治療を
ペーパーバック法と言います。
しかし、呼吸数が多くなっている病気、
心筋梗塞、慢性肺疾患、喘息発作では
かえって悪くなるので、
顔色が悪くないかどうかは確認しましょう。
何より一番大切なのは、
気持ちを落ち着かせることです。

タグ

このページの先頭へ