QLOOKアクセス解析

過換気症候群とは?

不安やパニックなどの心理的な要素によって
呼吸が浅く早くなります。
呼吸の回数が増えると「過換気状態」と言って、
体内から二酸化炭素を吐きだし、
血液中の二酸化炭素が減ってしまい、
手足のけいれんやめまいなどの症状が出ます。
それがまた不安になって、
さらに過換気状態になってしまい、
過換気が過換気を起こしてしまいます。
そのため、過換気症候群と呼ばれています。

タグ

このページの先頭へ