QLOOKアクセス解析

蜂蜜は身近なブドウ糖

ブドウ糖を砂糖で代用できると
考える人もいそうですが、
台所にある砂糖の成分は、
残念ながらブドウ糖ではなくて
ブドウ糖と果糖が結合した蔗糖です。
身近なものでブドウ糖を多く
含んでいるのは蜂蜜です。
蜂蜜の成分は約40%がブドウ糖で、
約40%果糖です。
食塩とブドウ糖の分子量の比は約3として、
簡単な計算なので省略しますが、
梅干し一粒に大さじ一杯の蜂蜜を加えると
ナトリウムイオンとブドウ糖分子が
1対1程度になります。
作り方は、水500mLから1Lに、
梅干し1粒と大さじ一杯の蜂蜜を
加えるということになります。
梅干しと蜂蜜だけでは、
爽やかさに欠けると感じる方は、
クエン酸が多いレモンを加えてみましょう。
注意点として、蜂蜜を使うので
1歳未満の乳児には飲ませないで下さい。
もし乳児用に調製する時には、
蜂蜜の代わりに砂糖を使って下さい。
腸の中で蔗糖がブドウ糖と果糖に
分解されてから吸収されます。

タグ

このページの先頭へ