QLOOKアクセス解析

菌を倒す!そもそも「免疫」って何?

免疫とは、「防御反応」の1つです。
人の体には色んな種類の病原体が侵入して、
病気を起こします。
ウイルスや細菌、寄生虫などが侵入してきたとき、
体を防御しようとする仕組みが「免疫」です。
「免疫」が正しく働くおかげで、病気が治ったり、
予防できたりするのです。
では、どのようにして菌を退治しているのでしょう?
簡単に説明すると、「マクロファージ」「好中球」と
呼ばれる白血球が、菌を食べてくれるのです。
菌を食べた白血球は死んでしまい、
これが、膿(うみ)になります。
つまり、菌に対抗するには、白血球の力を
強くすればよいということになります。

タグ

このページの先頭へ