QLOOKアクセス解析

若い女性に増えている子宮頸がんとHPVの関係

子宮頸がんは、女性特有のがんとしては、
乳がんについで罹患率が高く、
特に20~30代のがんでは第1位となっています。
日本では、毎年約10,000人もの女性が
新たに子宮頸がんにかかり、
約3,500人が子宮頸がんで亡くなっています。
これは、1日に約10人の方が
なくなっている計算になります。
子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)
というウイルスの感染が原因で
起こることが知られています。
HPVはとてもありふれたウイルスで、
性交渉の経験のある女性の80%以上が、
50歳までに感染を経験するといわれています。
特に若い女性の感染率は非常に高いといわれています。
HPVには100種類以上の型があり、
中でも15種類程度ががんを引き起こす可能性がある
「高リスク型」と呼ばれています。
子宮頸がんの患者さんでは、
いずれかのタイプの高リスク型HPVの感染が、
ほぼ100%検出されます。
このうち16型、18型が子宮頸がんの原因の
約65%を占めています。
また、がんを引き起こす可能性のないものは
「低リスク型」と呼ばれています。
高リスク型HPVに感染したからといって
症状は何もありませんし、
すぐにがんが発症するわけではありません。
人間の免疫力によって、多くの場合は
体から自然にウイルスが排除されます。
しかし、この機能がうまく働かずに
ウイルスが子宮頸部に残り、
感染が長く続いた場合、5年以上かけて
がんへと進行していくことがあります。

タグ

このページの先頭へ