QLOOKアクセス解析

紫外線が皮膚に及ぼす影響とは

昔は、日焼けした肌を「健康的」と
いうことがありました。
しかし今では、紫外線の浴び過ぎは
皮膚に悪影響をもたらすことが
分かってきています。
これから先は、1年のうちで
もっとも紫外線量が多くなるシーズン。
しっかりとした知識を身につけ、
自分に合った効果的な紫外線対策を
とることが必要です。
紫外線はその波長の長さによって、
UVA、UVB、UVCに分類されます。
波長の長いUVAは、その害は
さほど強くはないのですが、
ガラスを通り抜けて室内に入り込み、
皮膚の奥まで浸透するという
性質を持っています。
UVBは、UVAより波長が短いため
大気中のオゾン層で一部が吸収されますが、
地表に届いたUVBは皮膚の表皮内で
細胞のDNAを傷つけるなど、
皮膚に悪影響をもたらします。
UVCは非常に有害ですが、
オゾン層に完全に吸収され、
地表に届くことはありません。
これら紫外線のうちUVBは皮膚が赤くヒリヒリし、
水ぶくれが出来るサンバーンを引き起こすなど、
以前から皮膚に悪影響をもたらすことが
知られていました。
しかし最近ではUVAも、皮膚が黒くなる
サンタンを引き起こすほか、
ジワジワと時間をかけてシワ、たるみを
作り出すことからその対策が
重要視されてきています。
たとえば、日焼けサロンでは人工的にUVBをカットし、
UVAだけを照射するという方法でサンタンを起こし、
皮膚を黒くします。
これについてWHO(世界保健機関)は、
UVAの浴び過ぎは皮膚に健康障害を引き起こすとして、
18歳以下が日焼けサロンを使用することの禁止を
勧告しています。
このように、紫外線についてはUVBだけでなく、
UVAについても対策を講じる必要があるというのが、
現在の考え方となっています。

タグ

このページの先頭へ