QLOOKアクセス解析

簡単な悪酔い予防法★

忘年会シーズン真っ只中!
上司のすすめるままに呑んで悪酔い。。。
なんてことはありませんか?
日本人は遺伝子的にも悪酔いしやすい民族と考えられます。
アルコールが小腸からの吸収されるスピードを遅らせ、
悪酔いの原因となるアセトアルデヒド分解を促進する方法を知って、
上手に悪酔いを予防しましょう。
「悪酔い」は血液中にアセトアルデヒドとアルコールとが同時にあり、
アセトアルデヒドの濃度が高い時に起こります。
心臓がドキドキする、吐き気がする、頭痛がするなどの症状を
強く感じるのは悪酔いです。
感じ方には個人差がありますが。。。
悪酔いに関する研究は、実はほとんどされていません。
悪酔いに関する実験の場合、アルコールとアセトアルデヒド測定が
必要ですが、アルコールの測定は測定試薬があるのに対して、
アセトアルデヒドの測定は採血後の処理を含めて難しいという
事情があるためです。
固体で常温保存でき、調理せずに摂取できる食品の中で、
肝臓でのアセトアルデヒドの代謝を早める効果があるという
動物実験結果があるのが黒糖です。
黒糖ならば事前に購入しておくことができます。
会社のデスクに忍ばせておくのもよいかもしれませんね。

タグ

このページの先頭へ