QLOOKアクセス解析

窓ガラスのカビ対策

昔から、日本の住まいでは
窓ガラスに結露はつきものでした。
明け方結露でびっしり濡れた窓は
「なんとなく当たり前の光景」でありましたが、
今では結露がカビの原因になり、
そのカビが健康に害を与える可能性があることや、
住まいそのものを傷める
原因であることがわかっています。
そこで「結露が起きている窓ガラスは
こまめにふき取る」が効果的。
冬場に窓の結露取りを
日課にしてみてはいかがでしょうか。
今ではペアガラスや樹脂サッシなど、
結露が起こりにくいサッシが出ているので、
思い切って交換するのも一つの方法です。
そのような高性能断熱サッシは、
窓から失う熱エネルギーが減るので
光熱費の削減にもつながります。
サッシを交換できない場合は
室内側にもう一枚窓ガラスをつけて
二重サッシにすると結露防止になります。
簡単なリフォームですが効果は抜群です。

タグ

このページの先頭へ