QLOOKアクセス解析

睡眠薬はギャバを増強する

脳や脊髄に多く存在し、
神経伝達物質としての
重要な γ-アミノ酪酸
(Gamma-Amino Butyric Acid)を略して、
GABA = ギャバ と言います。
前のページで書いたように、
セロトニンは興奮を高める働きがありますが、
このギャバは、興奮を抑えて
リラックスさせる作用があります。
医師が処方する睡眠薬の多くは、
脳の中でギャバの作用を強めて、
眠らせようとするものです。
睡眠以外の効果では、
自律神経の障害による不安やイライラの緩和、
アルツハイマー型認知症の予防・改善、
軽症高血圧患者での血圧低下、
腎臓や肝臓の機能改善、
肥満の防止などの報告も出ています。
気持ちを落ち着かせたり、
血圧を下げるなどの健康効果を期待するには、
1日に10~20mgのギャバの摂取が勧められています。
しかし、ギャバのリラックス効果の持続は
2時間ほどなので、摂るタイミングには
工夫が必要でしょう。
玄米や胚芽米、アワ・キビ・ヒエ・大麦などの雑穀、
漬物、小魚、トマト、スプラウト(発芽野菜)、
ココア、チョコレートに ギャバ が含まれています。
最近では、ギャバの量を増やして
特定保健用食品とした、
チョコレートや緑茶も買えるようになりました。
食材の中では、玄米にギャバが多く含まれ、
発芽するとさらに増加します。
発芽玄米には、白米の約10倍の
ギャバが含まれる、とも言われています。

タグ

このページの先頭へ