QLOOKアクセス解析

睡眠の質を高めるテアニンの働き

テアニンは、どのような睡眠の悩みを
改善してくれるのでしょうか。
若い健康な男性で行われた実験から、
テアニンを就寝の1時間前に
200mg摂取すると寝つきが良くなり、
夜中に目覚めることが減るため、
ぐっすり熟睡できることが分かりました。
また、睡眠の効率が改善し、睡眠中の
疲労回復がスムーズに進行して、
起床時のリフレッシュ感を
より強く感じるようになります。
睡眠に悩みが多い中高年女性がテアニンをとると、
睡眠の質が良くなることも確かめられています。
いつも床に就いている時刻の1時間前に、
テアニン200mgを摂取した中高年女性では、
副交感神経の活動が睡眠の前半で有意に増え、
逆に交感神経は睡眠期全体で有意に抑制されました。
これは、客観的に睡眠の質が改善したことを示しています。
さらに目覚めた時の疲労回復感が良くなることから、
テアニンは睡眠に不満がある中高年女性の満足度を
高める可能性があるようです。

タグ

このページの先頭へ