QLOOKアクセス解析

皮膚トラブルを避ける対策とケア

紫外線をブロックするにあたって
サンスクリーン剤の使用は欠かせませんが、
人によってはその成分がアレルギーを
引き起こすことがあります。
湿疹や皮膚炎が生じている皮膚では
なおさら、紫外線防止成分が刺激となって
症状を悪化させるケースも考えられます。
そのため湿疹・皮膚炎などがあるときは、
まずは治療に専念し、短期間で
症状を抑えるように努めましょう。
その間はサンスクリーン剤の使用を控え、
なるべく帽子や衣類などで
紫外線を防止する工夫を行って下さい。
サンスクリーン剤は、皮膚に成分を残すと
トラブルになります。
通常のサンスクリーン剤は
一般的な石鹸や洗浄剤で落ちますが、
耐水性の高い製品などは、
専用のクレンジングで
ていねいに落として下さい。
紫外線を浴びたら、素早く
ケアをすることが大切です。
サンバーンを起こしてしまった場合は、
ヒリヒリした患部に
冷たい濡れタオルをあてたり、
氷水を入れたビニール袋を
タオルでくるんであてるなど、
はやめに皮膚を冷やすことが重要です。
日焼けによる炎症がひどいときには、
炎症をおさえるはたらきのある
ステロイド外用剤を薬局で購入するなどして、
早めに症状を改善するようにします。
水分・電解質を充分補給し、
休養をとることも大切です。
数日使用しても症状が改善せず、発熱や倦怠感、
脱水症状などの症状が見られるなど、
症状が重い場合には医療機関を受診し、
適切な治療を受けるようにして下さい。

タグ

このページの先頭へ