QLOOKアクセス解析

皮膚トラブルを悪化させないためには?

春の皮膚トラブルを予防するには、
まずは肌のバリア機能維持のためにも、
しっかりとした保湿を行いましょう。
春先も空気が乾燥していることを考えると、
冬と変わらず念入りな保湿ケアが必要です。
また、3月を過ぎると紫外線照射量も
徐々に増加します。
夏ほど日差しがきつくないので油断しがちですが、
外出の際にはサンスクリーン剤を塗って
紫外線によるダメージを防止しましょう。
スギ花粉に反応しやすい人は、
目のまわりなどがかゆくなりがちですが、
こすると肌に刺激となり、
さらにかゆみが増す恐れもあります。
外出後はできれば洗顔をし、
肌についた花粉を洗い流すとよいでしょう。
皮膚炎・かぶれを起こしてしまった場合には、
炎症を静める効果のあるステロイド外用剤を塗って
様子を見て下さい。
強いかゆみやストレスからイライラして
肌をかき壊すと、そこから細菌が侵入し、
ジュクジュクしたりする恐れがあります。
化膿した患部は炎症が強いと考えられるため、
強い抗炎症作用があり、かつ細菌の増殖を
抑えることができる抗生物質配合の
ステロイド外用剤の使用が適しています。

タグ

このページの先頭へ