QLOOKアクセス解析

疲れをとる夜の入浴法

湯温 ぬるめ(38~40℃)
時間 25~30分
方法 みぞおちから下が浸かる半身浴にします。
   しっかり温まって汗を出しましょう。
   入浴前後に水分補給をするのを忘れずに。
   アロマや入浴剤もリラックス効果を高めます。
   入浴後はコーヒーやタバコなどの刺激物を避けましょう。
風呂に入るのは寝る1時間ぐらい前がベター。
理由は、人は体温が下がり始めると眠気を催し、
下がるのが早いほど眠りにつきやすいとも
言われているからです。

タグ

このページの先頭へ