QLOOKアクセス解析

熱痙攣の症状と治療

■原因
運動時に多いですが、温度の高い室内でも、
大量の汗をかくことで起こります。
汗をかくことで血液中の塩分が減少してしまい、
手足の筋肉がピクピクと痙攣を起こす病気。
塩分を含まない水ばかり飲んでいると危険です。
■症状
体温は平熱。
大量の汗と一緒に、血管から水分と
塩分が出ていくため、血液の量が減ります。
顔色が悪く、脈をとると脈が
弱く速くなっている状態。
病院で血圧を測定します。
熱失神と違って、筋肉の痙攣を起こすのが特徴。
■治療
涼しい所で塩分を含む飲料を飲みましょう。
筋肉の痙攣がひどい場合は、
医療機関で塩分を補う点滴を行います。

タグ

このページの先頭へ