QLOOKアクセス解析

熱疲労の症状と治療

■原因
名前の通り、暑さによって
疲れた状態になることです。
気温の高い日の運動時はもちろん、
気温の高い室内で静かにしていても起こります。
特に体調が悪いときの外出で発症しやすいです。
■症状
体温は平熱がほとんどですが、
40度まで発熱することもあります。
大量の汗で体の水分が減ってしまうために
脱水症状を起こし、体がだるく感じるなどの
自覚症状が出ます。
例えば、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、
吐き気などの症状ですが、疲労状態が進行して
体温がどんどん上がると熱射病になります。
■治療
涼しい所で安静にして、脱水状態の改善のため、
塩分を含むイオン飲料、いわゆるスポーツ飲料の補給や
医療機関での点滴を行います。

タグ

このページの先頭へ