QLOOKアクセス解析

熱射病(日射病)の症状と治療

■原因
屋外・屋内に関わらず、暑さがひどく、
特に人の体温以上の温度になった時に起こります。
体温を下げようと汗をかいても
間に合わなくなる状態です。
体温の上昇が早く、体温を下げる事が
できなくなっています。
放置していると、体温調節のメカニズムも
高熱のため壊れてしまい、
41度以上の発熱になることも。
41度を超えると、体の成分であるタンパク質が壊れ、
腎臓が機能しなくなると尿が出なくなり、
場合によっては命に関わります。
■症状
大量の汗により血液の量が減るため、
顔色が悪く、唇は蒼く、脈を触ると弱くなります。
弱い脈が毎分100以上と速くなるのも特徴です。
体温が上昇し、41度を越えてしまい、
顔などの皮膚が熱く、赤くなって、乾燥。
汗で水分が体から出てしまい、血液が濃くなり、
流れが悪くなるため、血の塊ができたり、
内臓への血液が減って、内臓が働かなくなります。
■治療
とにかく、体温を下げることが大切です。
氷やアルコールで体全体、または脇や
足の付け根や首を冷やしたり、
扇風機などで40度以下に冷やします。
点滴を行い、脱水の改善も行います。

タグ

このページの先頭へ