QLOOKアクセス解析

熱中症の種類・症状

熱中症には、体温が上がるタイプと
体温が上がらないタイプがあり、
大きく分けると以下の4つに分類できます。
特に頻度が多く、重症化しやすいのは
「熱射病(日射病)」です。
熱射病(日射病)・・・体温が上昇するタイプ。
重症化すると腎機能が壊れ、尿が出なくなる
熱失神・・・体温は平熱。顔色が悪くなり
血圧が低下して意識がなくなる
熱痙攣……体温は平熱。手足の筋肉が
ピクピク痙攣する。
熱疲労・・・体温は平熱。気温の暑さで
夏バテのような疲労感が出る。
熱中症は、子ども、お年寄り、太った人、
運動不足の人、体調が良くない人が
なりやすいので注意が必要です。

タグ

このページの先頭へ