QLOOKアクセス解析

梅雨のシーズン、しのびよる虫には要注意★

高湿や汗がきっかけで
生じる肌トラブルの他に、
時季的に気をつけたいのが、
虫刺されによる肌トラブルです。
とくに梅雨から夏に向けての
高温多湿状態を好む虫としては、
ダニが挙げられるでしょう。
ダニのすべてが人体に悪影響を
及ぼすわけではありませんが、
イエダニ、ツメダニなどは室内で
人を刺したり血を吸ったりします。
こうしたダニは高温多湿の環境で
繁殖しやすいため、梅雨のシーズンは
室内の掃除を頻繁に行い、
ダニ駆除用の殺虫剤を利用するなどして、
繁殖を防ぐ必要があります。
ダニに刺されたり吸血されたりすると
湿疹があらわれ、かゆみが数日続いたり、
かき壊して細菌による二次感染も起こります。
湿疹とかゆみの症状には
内服の抗ヒスタミン剤や
ステロイド外用剤を使用し、
かき壊しにより化膿してしまった場合は
抗生物質の配合された
ステロイド外用剤を用います。
また、梅雨から夏にかけて、
とくに雨上がりのタイミングで
ムカデが出現しやすいとされています。
ムカデの中にはゴキブリを捕食する種類がおり、
家の中に侵入して人を咬むこともあるため、
一軒家に住む人は万が一の
心づもりをしておくと良いでしょう。
ムカデに咬まれると痛みが走り、
咬まれた部位が腫れることもあります。
とりあえずはステロイド外用剤を塗布し、
腫れたところは冷たい水で冷やすと良いですが、
重症の場合は患部に潰瘍や壊疽を起こすこともあるため、
様子を見て医療機関を受診するようにして下さい。

タグ

このページの先頭へ