QLOOKアクセス解析

暖房費節約グッズ その4

■湯たんぽ■
昔ながらの湯たんぽ。
省エネや暖房費の節約が
より意識されるようになったここ数年、
再び注目されはじめています。
お湯をいれておくだけで
一晩暖かさが持続されるので、
ランニングコストも最低限で済みます。
湯たんぽの適温は60度くらいのお湯。
容量の3分2程度までいれ、
しっかり栓をし布製の袋などに入れて使用します。
就寝時に足元に置いておくと朝までポカポカ。
朝になってもお湯は多少の温かさが残っているので、
洗顔や掃除、洗濯に使うことも可能です。 

タグ

このページの先頭へ