QLOOKアクセス解析

昼間に摂ればリラックスできる!

テアニンは、睡眠薬と同じく脳の中にある
ガンマアミノ酪酸の働きを強めることで
睡眠を改善します。
しかし睡眠薬と違って、テアニンを
日中にとっても眠くなりません。
日中にテアニンを摂取すると、
夜とは違って覚醒水準の低下や
眠気の増強は起こらず、
むしろリラックス度が
上昇することが分かっています。
これは、テアニンが摂取する時間帯によって、
覚醒と眠気のバランスを適正なレベルに調整し、
夜間は催眠作用を、日中は覚醒作用を
発揮するためと思われます。
ですから昼間にテアニンをとっても、
作業能率が低下したりミスや
事故を起こす危険が増したりする
可能性は少ない、と考えられます。
お茶にはテアニン以外に覚醒物質の
カフェインが含まれているので、
就寝前には飲むことを勧められません。
眠りを良くするためにテアニンを摂るのなら、
直接お茶で摂取するのではなく、
サプリメントを飲むのが良いかもしれません。

タグ

このページの先頭へ