QLOOKアクセス解析

新型インフルエンザ対策にも不織紙マスク

気道から感染するウイルスの場合は
マスクが有効です。
麻疹ウイルスのように
空気感染するウイルスの場合は、
高性能のマスクが必要ですが、
インフルエンザウイルスは
そこまで感染する可能性は高くありません。
飛沫感染するウイルスには
使い捨ての不織紙マスクでも、
予防効果があります。
流行シーズンは外出時や会社内で
マスクをするのが効果的です。
新型インフルエンザの場合は、
どのような性質かが分からないので、
マスクの効果は断言できません。
しかし、予想されるのは、
インフルエンザと同じ飛沫感染で、
気道からうつることが多いと推定されています。
まずはマスクで、というのは
最も手軽で効果の高い予防法といえます。

タグ

このページの先頭へ