QLOOKアクセス解析

抗菌蛋白質を強化する方法

抗菌蛋白質には複数の種類がありますが、
そのうちの一つの合成にはビタミンDが
関係していることが近年わかってきました。
つまりビタミンDをしっかり摂取することは
予防につながるということです。
ビタミンDは、主に日光浴と食事で
増やすことができます。
紫外線によって皮膚で合成されるビタミンD量は、
日照時間に左右されます。
日照時間が減る冬場はビタミンDの血中濃度が
減少することが判明しているので、
そもそも冬場にインフルエンザを始めとする
呼吸器感染症が増えるのは、
日照時間のためではないかとも考えられています。
もともとのビタミンDの血中濃度が高い人は、
低い人と比較して呼吸器系感染症の感染率が
低いこともわかっています。

タグ

このページの先頭へ