QLOOKアクセス解析

専門家の間でも意見が分かれる抗インフルエンザ薬の効果

「インフルエンザウイルスの増殖を抑える治療」
に用いる薬を抗インフルエンザ薬といいます。
タミフルという飲み薬や
リレンザという吸入薬がよく用いられ、
さらに1回の吸入で治療が終わる薬や
点滴のインフルエンザ治療薬も用いられ始めています。
抗インフルエンザ薬を使うことで
どのような効果が得られるのでしょうか?
医師は薬剤を処方する場合には
いつも、その薬剤によって
「期待できる良い効果」と
「起こりうる悪い効果」の
バランスを考えています。
抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザなど)の効果
【期待される良い効果】
症状の緩和:発症から48時間以内に投与を開始すれば
高熱などの強い症状が続く期間が1~3日間短縮できます。
重症化の予防:理論的には肺炎や脳炎などを併発して
重症になる危険性を下げるように思われますが
本当に効果があるかは意見が分かれています。
【起こりうる悪い効果】
副作用:すべての薬剤は副作用を起こす可能性があり、
抗インフルエンザ薬にも後述のような副作用が
報告されています。
耐性ウイルスの出現:抗インフルエンザ薬を使用すると
その薬剤が効きにくい耐性ウイルスの増加を
促す可能性があります。
抗インフルエンザ薬による治療を
インフルエンザの発症から
48時間以内に開始すれば
発熱などの症状の持続期間が
1~3日程度短縮します。
しかしながらこの効果は先に述べた
「症状を抑える薬」でもある程度は
代用可能ですので医師と患者で
話し合ってどちらを選択するか
決定すればよいと思います。
インフルエンザに肺炎や脳症を併発すると、
長期間の入院療養が必要になったり
場合によっては命に関わったりするので、
抗インフルエンザ薬によって
このような重症化を抑えられるかどうかは、
最も重要な論点です。
いくつかの臨床研究の統合解析の結果から、
重症化を抑える効果に期待は持たれているものの、
本当にその効果があるかどうかは
専門家の間でも意見が分かれています。

タグ

このページの先頭へ