QLOOKアクセス解析

寒くなると痒くなるのは何故?

乾燥が気になる冬。
気がつくと脛が粉をふき、
かかとはひび割れてカサカサ。
お風呂に入ると、ムズムズとたまらなく痒くなる・・・
なんてことありませんか?
顔や手は、お手入れを念入りに
する方も多いと思いますが、
ボディのお手入れは粉がふいたり、
痒くなってから慌ててはじめる
という方が多いのではないでしょうか。
でも、なぜ寒くなって乾燥すると
痒くなるのでしょうか?
通常、肌には外部から自分自身を守る
“バリア機能”が備わっています。
このバリア機能の役割を果たしているのが、
皮脂膜です。
汗と皮脂でできた天然のクリームである皮脂膜が
お肌表面を覆うことで“バリア機能”が働き、
外部のさまざまな刺激から肌を守っています。
かゆみが起こるのは、さまざまな要因で
肌の体力が低下し、
皮脂膜が上手につくられずに
肌の“バリア機能”が低下してしまうからです。
そのため、肌がちょっとした刺激にも敏感になり、
痒みを感じるようになります。

タグ

このページの先頭へ