QLOOKアクセス解析

寒くなると感染症が流行するのは何故?

気温と湿度が下がる冬。
冬に感染症が流行る理由として、
以下の3点が挙げられます。
■冬はウイルスが強くなる
ウイルスは低温・低湿度を好み、
冬になると夏より長く生存できるようになり、
感染力を強めます。
冬場に風邪を始めとするウイルス感染が多くなるのは、
外気が寒く乾燥するためです。
■冬は人の免疫力が低下する
低気温で体温が下がることで、人の免疫力は低下します。
また、外気の乾燥に加えて、
夏に比べて水分を積極的に摂取しなくなるため、
体内の水分量も少なくなりがち。
人間の体は60%が水分ですが、体内の乾燥により
喉や気管支の粘膜がカラカラになると、
本来粘液でウイルスの侵入を防いでいる
ノドや鼻の粘膜が傷みやすくなり、
ウイルス感染を起こしやすくなります。
■冬は飛沫感染の範囲が広くなる
外気の乾燥によって咳やくしゃみの飛沫が小さくなり、
飛沫に乗ったウイルスがより遠くまで飛ぶようになります。
一度の咳・くしゃみによる感染範囲が広くなり、
感染スピードが上がります。
以上のような理由で、冬は風邪やインフルエンザを
始めとする感染症が流行しやすくなるのです。

タグ

このページの先頭へ