QLOOKアクセス解析

家具の裏側のカビ対策

家具の裏のカビ対策として
「家具と壁の間に隙間をつくる」のが有効です。
押し入れと同様、空気を循環させるのです。
家具を壁際ぴったりにおいてしまうと、
家具と壁の間の空気が流れず、
もし結露が発生したら、乾燥できず
やがてカビが生える可能性があります。
家具の裏側は普段見えない場所ですが、
家具の移動をしてびっくりすることがあります。
本当にゾッとします。

タグ

このページの先頭へ