QLOOKアクセス解析

妊娠中のお酒は「胎児性アルコール症候群」の危険

昔から妊娠中に大量のお酒を飲むと、
生まれてくる赤ちゃんに未熟児が多いとか、
流産しやすくなるなんてことは
よく知られていました。
しかしそれだけではありません。
少量の飲酒でも「胎児性アルコール症候群」という
発達障害や行動障害、学習障害などが現れる障害を
赤ちゃんに起こすことがあるのです。
もちろん妊娠中に飲酒してしまったからといって、
必ずしも障害が出るわけではありませんが、
「1回目の妊娠で飲んでも大丈夫だったから、
次の妊娠でも大丈夫かな」という考え方は
おすすめできません。
妊婦さんの飲酒はNG。
周りの方も勧めないようにしましょう。

タグ

このページの先頭へ