QLOOKアクセス解析

夏ストレスを乗り切るプチポイント

こうした「夏ストレス」を乗り切るには
どうしたらいいのでしょうか?
私は以下の4つを心がけてみるといいと思います。
●開放的な夏には「ほどほど」が肝心
特に楽しいと、「やりすぎてしまう」ことが多いもの。
でも、そもそも夏バテもしやすい季節なので、
「夏こそほどほどに!」を合言葉にしましょう。
●とにかく意識的に「骨休め」
「アクセル全開」で突っ走りがちな夏こそ、
「骨休め」を常に意識しましょう。
骨休めとは身体を休めて疲れを癒すことです。
ダラダラすることも、たまには必要です。
●夏休みにはアクティブ計画を詰め込みすぎない
アクティブな企画をメインにしても、
「2日に1日はリラックス日」というように
休養を必ず取り入れた日程を組みましょう。
●義理の関係はダラダラ付き合わない
義理の付き合いは、短時間でも
ストレスがたまります。
まして、夜中までずっと一緒に飲んだり、
1日中ベッタリ付き合うのは避けましょう。
「日中一緒に過ごしたら、夜は一人でも早く休む」
「飲み会への参加は、自分なりに
“お尻の時間”を決めておく」など、
相手に合わせすぎないようにすることも大切です。
このように、ちょっとした心がけ次第で
「夏ストレス」を少なくすることができます。

タグ

このページの先頭へ