QLOOKアクセス解析

加熱して菌が死んでも、毒素が残る?

食中毒の場合、微生物に汚染されたものを
避ければならないと考えるのは当然です。
また、感覚的には加熱調理すれば、
大丈夫という気がしますよね。
この例外の一つが黄色ブドウ球菌による食中毒です。
黄色ブドウ球菌は、食品についていることもありますが、
ヒトの鼻腔に常在していることがある菌です。
花粉症の人では、その割合が高くなります。
アトピー性皮膚炎の人では、原因とはいいませんが、
かきむしって過去に出血した部位に
常在している事が高い菌です。
細菌の培地上の集落が黄色に見える事多いので黄色、
染色して見るとブドウの房のように見えるので
合わせて黄色ブドウ球菌と呼びます。
食中毒に関係したこの菌の特徴としては、
以下のようになります。
●出血した部位に付きやすい
●化膿性炎を起こす
●菌自体は熱で死滅する
●他の菌の増殖を抑える程度の塩分があると増殖し易い
●耐熱性の毒素を産生する
●毒素のために嘔吐や下痢を起こす

タグ

このページの先頭へ