QLOOKアクセス解析

冬はバリア機能が低下しやすい

バリア機能が低下する理由はさまざまですが、
この時季特に影響するのが次の2つ。
■低い気温
低い気温は肌の細胞をつくる力
そのものを直接低下させます。
たとえ肌が元気でつくる材料も
揃っている状態であっても、
低下してしまいます。
細胞が十分につくなれないと
肌が水分を抱えておくことができなくなり、
皮脂膜が上手につくられず、
バリア機能が低下してしまいます。
■乾いた空気
冬は気温が低いだけでなく、
湿度もぐんと低くなります。
湿度が低下すると、肌の水分が奪われ、
乾燥しやすい状態になります。
エアコンなどの乾いた風も、
肌が乾きやすくなる要因のひとつです。

タグ

このページの先頭へ