QLOOKアクセス解析

免疫記憶がなくてもウイルスと闘う方法

一度でも類似したウイルスに感染していれば、
人間の体には免疫記憶ができます。
喉や鼻の粘膜中にも抗体が分泌されるので、
ウイルスを吸い込んでも呼吸器粘膜の段階で
感染を防いでくれる可能性があります。
これは季節性インフルエンザには有効な話。
一方で新型インフルエンザのような
新しいウイルスに対しては、
多くの人が免疫記憶を持ってないはずなので、
抗体の活躍を期待することができません。
ここで覚えていただきたいのが、
「抗菌蛋白質」の存在です。
実はウイルスと闘うのは抗体だけではなく、
「抗菌蛋白質」も重要なのです。
●抗体・・・・・・・・・一度来た敵を記憶する。
        誘導ミサイルのようなもので、
        特定の病原体を迎え撃つ。
●抗菌蛋白質・・・機関銃のようなもので、
        細菌や真菌(カビ)、
        ウイルスを迎え撃つ。
つまり、抗菌蛋白質は免疫記憶によって
特定の病原体を迎え撃つわけではなく、
初めて体内に侵入してきたものも
病原体として攻撃することができるのです。
もともと体に備わっている「自然免疫」である
抗菌蛋白質の力を強めることで、
新しいウイルスにも対抗できる可能性があります。

タグ

このページの先頭へ