QLOOKアクセス解析

免疫作用を促進するファイトケミカル

野菜や果物、海藻などに含まれる
ファイトケミカル、中でも
タマネギ、ニンニクなどのユリ科に
多く含まれるイオウ化合物は、
活性酸素から免疫細胞を守る
作用が高いと言われています。
ミカンの色素成分β-クリプトキサンチンにも
免疫効果を高め、感染症に対する抵抗力が
あがることが愛媛大学らにより報告されました。
夏ミカンやユズに含まれる香り成分
オーラプテンにも同様の機能があるそうです。
また体温が下がると免疫力も低下するので、
冷えが気になるような時には、
カラダが温まる働きのある辛み成分を含んだ
トウガラシやショウガ、サンショウを効かせた
料理を食べるのもおすすめです。
このようにしてみると、
幅広い食品をたべることが
大切というのも納得ですね。
ただし、特定の食品での研究でも、
もちろん効果には個人差がありますし、
まだ食品としてどれだけ食べれば
効果があるかはわからないものもあります。
症状がでてからは、その人の体質や、
状態に応じて、必要な食べ物,
食べ方も異なってきます。
薬との飲み合わせもありますので、
専門家の指示に従ってください。
もちろん、免疫力を発揮する上では、
十分に休息をとったり、
カラダが冷えないようにしたり、
ストレスをうまく解消し、
よく笑うなど前向きに心持ちでいることなど、
食事以外の生活習慣やメンタル面も重要です。

タグ

このページの先頭へ