QLOOKアクセス解析

低体温の体への悪影響

寒いと感じると、自律神経は
体温を維持するために
手足の末梢血管を収縮させ
内臓の周りに熱を送ります。
そのため手足が冷えやすくなります。
一方、暑さを感じると血管を広げて
体温を下げる働きをします。
食生活や生活リズムが乱れたり
強いストレスを受けたりすると、
自律神経のバランスが乱れることから、
低体温に陥ると考えられています。
体温が下がるとどんな弊害があるのでしょう。
まず挙げられるのが免疫力の低下。
体温が36.5度ならば免疫機能はフルに活動しますが、
体温が下がり免疫力の働きが低下すると、
風邪などの感染症にかかりやすくなったり、
花粉症などのアレルギー症状が
出やすくなると考えられています。
また免疫力が落ちるとも言われています。
他にも基礎代謝が低下してやせにくい、
体内の酵素が活発に働かず
栄養の吸収が悪くなって疲れやすくなったり、
浮腫んだり、月経不順、
また女性では低体温が妊娠しにくい、
精神的疲労が増加することなどの
原因にもなると言われています。

タグ

このページの先頭へ