QLOOKアクセス解析

低体温とは

日本人の平熱は36~37度。
「低体温」とは、36度未満の状態をいいます。
これまでも、女性の場合は
排卵前の低温期が低いケースが見られましたが、
ここ10年ほどで各地の小学校や大学などで
行われた調査を見ると低体温の人や、
体温があがりにくい人が増えていると言われています。
平熱は年齢や性別によっても若干異なり、
子どもの平熱はやや高く、お年寄りはやや低め。
また女性は生理の周期などによっても変化します。
また体温は一日の中でも変化し、
朝目が覚めてから上昇し、
午後の2~3時にピークを迎え、
夕方から夜にかけて下がるのが一般的。
体温が上昇すれば私たちの体は活動的になり、
反対に体温が下がれば眠くなります。
この生体リズムは、私たちが健康に生きる上で重要です。
低体温と混同しやすい言葉に「冷え症」や
「低体温症」がありますが、
「冷え症」は男性よりも女性に多く、
体温とは関係なく実際に手足の冷えや、
下腹部の冷えなど自覚症状を感じやすいもの。
一方「低体温」は、自覚していない人が多いのが特徴です。
また「低体温症」は、恒温動物が寒冷状態や
水に漬かった状態などにあって
体温が下がることで発生する症状をいい、
31度以下になるなど深刻な場合は
凍傷や死に至る(凍死)こともあります。

タグ

このページの先頭へ