QLOOKアクセス解析

不整脈の主な症状・治療法

不整脈は心臓が規則正しく打ってくれない病気です。
その中に比較的怖くないものと、
要注意のものがあります。
一言で不整脈といってもいくつかのタイプに分類できます。
大きくは以下の2つ。
●除脈性不整脈……脈が遅すぎる不整脈
●頻脈性不整脈……脈が速すぎる不整脈
さらに頻脈性不整脈は、
●上室性不整脈……血液を貯める部屋からの不整脈
●心室性不整脈……ポンプの部屋からの不整脈
の2つに分けられ、それぞれ治療法も異なります。
症状は胸がドキドキして息苦しくなったり、
ふらついたり、心室性不整脈の一部など
悪性の不整脈では失神したり突然死することも。
心臓の病気は胃腸や手足の病気等よりも
急ぐことがあり、早目の受診、早目の対応が
命を守ることがよくあります。
治療は除脈性では必要があれば
ペースメーカーを植え込めば元気になります。
頻脈性ではその不整脈の内容に応じて
さまざまな薬を使い、薬で十分でなければ
カテーテルという管で不整脈の源を治します。
命にかかわる心室性不整脈では
植え込み型徐細動器を入れることもあります。
これは自動式体内AEDとお考え下さい。
不整脈の原因が弁膜症等で、
もし弁膜症そのものを治す必要があれば、
不整脈も同時に手術で効率よく
治せることもあります。
なお不整脈の一つである心房細動等では
血栓ができやすくそれが脳へ流れれば
脳梗塞になるため、バイアスピリンやワーファリン等の
血栓予防のお薬を飲むことが安全です。
野球の長嶋さんやサッカーのオシムさんも
心房細動のため脳梗塞に襲われました。
脈の不整やドキドキ感があれば、
まず内科とくに循環器内科を
受診されると良いでしょう。
私の経験では弁膜症手術時に心房細動があれば一緒に治し、
20年以上の難しい心房細動でも治るケースが多くあります。
やはり努力のし甲斐があると思います。
これら心臓の病気にならないように、
皆で体を大切にしましょう。
そして異常を感じたら早めに医師に
ご相談されるのが良いでしょう。
通常はまず内科か循環器内科がお勧めで、
手術が必要かも知れないと言われたときは
経験豊かな医師がいる心臓血管外科での
相談も併せてお勧めです。

タグ

このページの先頭へ