QLOOKアクセス解析

ヒトの体液は海水を約3倍に薄めたもの?

人間の体液、血液のミネラルの組成割合は
海水に似ています。
いわゆる生理食塩水の濃度は、
現在の海水の1/3程度に相当する約0.9%です。
熱中症が起きるような状態で大量に発汗すると、
水だけでなくてミネラルも失ってしまいます。
大量のミネラル、特に塩化ナトリウムを失うと
最終的には循環する血液量が減ります。
循環する血液量が減少すると
末梢に行く血液が減ってしまい、
体温を下げることができなくなってしまうのです。
熱中症になると、体に熱が溜まった状態で
循環不全になるため、最悪の場合死亡します。
大量に発汗することが予想される場合には
塩分を含む飲み物が脱水症の予防に有効です。
この時の塩分、塩化ナトリウムの濃度は
生理食塩水の濃度よりは低い濃度で
良いとされています。

タグ

このページの先頭へ